iGaming会社を始めるのに最も適した世界の都市トップ5

そもそも「iGaming」とはいったい何でしょうか?ゲームやギャンブルと同じように、iGamingも賭けに関係があるアクティビティですが、インターネット上で行われるゲームのことです。現在、特に新型コロナウイルス感染症の大流行後、世界中の開発者がギャンブル産業の場をオンラインにすべて移行、または一部移行させています。その結果、今日では、スポーツ賭博やルーレット、ポーカー、ブラックジャックなど、ほとんどのゲームがオンライン上でプレイできるようになっているのです。

【iGamingにまつわる豆知識】

  • スロットはポーカーのように技術を要するゲームではないが、カジノの収入の大半を占める。これは実店舗のカジノ場でもオンラインカジノでも同じである。
  • 年配の方は実店舗のカジノ場で、若い世代はオンラインでプレイする傾向があると思うかもしれないが、実際はそうではない。オンラインでギャンブルをする人の大半は30歳以上である。
  • インターネットを利用する人は世界で約50億人。そのうち11%がオンラインギャンブルを行っている。この11%が何人になるかは実際に計算してみてください。

【iGamingに最も適した都市トップ5】

 1.ジブラルタル

スペインに位置する小さなイギリスの海外領土。地中海式気候なので、訪れる人や観光客にとって最適の気候を誇るジブラルタルは、iGaming会社を立ち上げるのによい場所です。iGamingの優れたプラットフォーム作りに必要な充実したインフラが整っています。

 2.東京

なんと、我が国の首都はiGamingに適した街の中でも上位にあります。賭博は非常に厳しく規制されていますが、日本の文化には欠かせない要素でもあるのです。東京はインフラが非常に充実しており、プロ意識の高い労働力も揃っているので、近い将来日本のiGaming市場は必ず成長するでしょう。

 3.サンフランシスコ

ラスベガスに見られるように、アメリカはギャンブルと常に関係しています。100社以上のゲーム制作会社がサンフランシスコにあるのをご存じでしたか?サンフランシスコはiGaming業界の中心となる街だと考えられています。

 4.マルタ

ヨーロッパにはたくさんの国がありますが、iGaming都市として知られているのは一都市しかありません。モンテカルロかと思われるかもしれませんがそうではなく、マルタです。iGamigによる収入がマルタの財政の12%以上を占めており、iGaming会社を設立するために最適な場所であることも納得できます。

 5.オースティン

もう一つのアメリカの都市は、テキサス州の中央部にある都市、オースティンです。オースティンは、世界に存在するiGamingの主要都市の一つになりつつあり、iGaming関連会社がたくさん所在しています。ここにはクリエイティブで革新的な考えを持つ人が多く集まり、ギャンブルに関する法律も寛容です。ですので、iGamingの開発者や会社が仕事を継続し、多くのオンラインカジノを作り上げるのに適した街であると言えるでしょう。